読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

grover's diary

なるべく毎日ちょっとでも、何か書くブログ

占星術殺人事件読了

この本には私が最高に気に入った部分が一つ存在する。

「読者への挑戦状」

という一旦区切りのあるページだ。

いくつかミステリーと言われる本を読んできたが、私のような探偵気分を味わいたい人がどこまで読めば犯人を言い当てる事ができるのか、わからない事が多かった。

 

もちろん、それらしき描写で、ここで名探偵が犯人を言い当てる前というのはわかるものもあるのだが、明確にここまで読んでいいですよ、という事が書かれていないものがほとんどだ。名探偵が犯人を言い当てる時に、いままで細かい描写を一字一句覚えている読者というのはいないはずである。

それで、この挑戦状のページがあれば、そこまで読んで犯人がわからない場合何度でも読み返す事ができる。

 

この本は空いた時間にちびちび読んで、ああでもないこうでもないと、数週間はかかりながら最初の挑戦状までたどりついた。ここまでぼんやりと予想していた犯人とトリックを、もう一度読み返す事で犯人につながる描写がいくつもある点に気づく事ができた。一度当たりを見つけたあとは、次々に証拠となる描写が見つかるので、爽快だった。

 

思えば、「そして誰もいなくなった」、から「十角館の殺人」、「0の殺人」と読んできて、完全に負け続けてきヘボ探偵だったが、なんとか犯人とトリックを当てる事ができてとても嬉しかった。そして御手洗潔と石岡君のやりとりが楽しかった。

 

そして私は 占星術殺人事件の感想をネットであさり周り、わからなかったという感想を見るたびにニンマリするのだ。2度おいしい。

 

という事で私的には最高傑作である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから少しだけネタばれ。

 

 

 

 

 

 

正直に言うと最初の梅沢平吉の密室殺人のトリックがとけなかった。馬鹿正直にトリックを考えすぎたのだ。ヒゲを切り取るという部分も考えすぎた。

実はわからなくても良かったのだ。この点はちょっと残念だ。

だが、材料が揃えられて、自分で犯人とトリックを言い当てる、この爽快感は最高だ。

きっと私はこの御手洗潔シリーズを読むだろう。すでに「斜め屋敷の犯罪」は手に入れた。

 

仕事が忙しくなってきた

仕事がだんだん忙しくなってきた。お金が入るからいいのだが、もっと暇があるのにお金が入るという状態が望ましい。なんとかしたい。

「半落ち」読了

最近パズドラがつまらなくなってきたせか、通勤時間の読書が捗る。

この「半落ち」は会話が多いからか、読みやすく、一日で読み終えてしまった。実を言うと読み終えても、なぜ黙秘を続けたのか全然理解できなかった。

それどころか、黙秘するデメリットがあまりにも大きすぎて、まったく共感できない話だった。妻を殺した犯人の警察官の梶尾さんが黙秘する事により、警察、検察、マスコミ、弁護士、裁判官、看守までが右往左往して繰り広げる男たちの熱いドラマ!、みたいな感じを狙ってるのだろうけど、なんでこの人たち、無駄に感情的に仕事をするのだろうか。無駄に仲悪いし。こいつらとは絶対係わり合いたくないと思った。

まぁ最後は私も人の親なので、ほろっときてしまったが。

 

そもそも、この本がなぜミステリーの名作みたいな事になっているのかわからない。最後の最後まで絶対殺した犯人は別にいて、その人をかばっているから黙秘していると思っていた。

そういえばちょっと前に読んだ「火車」も結局謎解きや犯人当てみたいな事がなく終わったなぁ。ミステリーの名作と言われていたので読んだのだが、ミステリーとは一体・・もっと謎を解きたいんだよ!ホームズやポアロのように犯人をズバリと当てたいんだよ!

 

という事で、次はまた名作と言われる松本清張の「砂の器」古本屋でゲットしてきたので読む予定。

 

「そして誰もいなくなった」読了

全然予想できなかった。

途中まで読み進めて、犯人予想のためもう一度読み返したのだが、当たりをつけていたエミリー女史は、読書再開後直ぐに死んでしまいいきなり混乱してしまった。最後の一人まで読んだ後は絶対11人目がいると勘違いした。

 

ミステリーの最高傑作といわれるだけあって、やはり面白かった。

 

急に寒くなってきた

なんか急に寒くなってきた。今までが暖かすぎたのだろうが、寒い。早く春になってくれ。なんか色々やる気がなくなる。1月から心機一転何かを始めようとするが、寒いので、やめてしまう事もあるんじゃないだろうか。

何かを始めるのは春か秋がいいのかも。

Coach.meうぜぇぇ

休日だからちょっとサボってたのだが、メールが日に何度もくる。

うるせー、日本は今休日でこっちは家族サービスに忙しいんだよ。ほっておいてくれよ。

週次レビューは明日やるんだよ。と思った所でUSのサービスだからしょうがないのだが。

 

ブログ書きたくないのだが

ブログなんて書く意味あるのだろうか。なんで皆書いているだろう。何かのコミュニケーションを期待しているのだろうか。

何も書きたくないのだが、今年は習慣にしようと決めて、Coach.meにまでセットしてやろうとしているのに、やっぱり何を書いていいのかさっぱり思い浮かばないのだ。

 

と、書いて今日のブログは書いた事にするのだが、こんな事を続けて何か意味があるのだろうか、、。一旦なんでブログを習慣化させようとおもったのだろう。自己満足?みんなやってるから?

ブログをやる目的についてもう少し考えた方がいいな。